ホーム

筋肉があるとないでの違いを

運動をストレスにしない

健康は季節なく維持が大切

老化防止が第一歩になる

健康には適度な筋肉を

昔と比べて最近では健康ブームからか街中をランニングしている人も珍しくなく、多くの人が健康やダイエットのためにからだを動かすことが多くなってきました。

また運動がからだに良いことは何となく知っていても、からだを動かすことが苦手だったり、おっくうになって3日も続かないという人もいますが、激しい運動をする必要もないのです。

毎日継続して運動を行うことで生活習慣病の予防はもちろん、心肺機能の向上や、肥満、脂質異常症、糖尿病、あるいは骨粗しょう症などを予防することができるのです。

ライザップをやめたら
誰しもが不安に思うやめた後の事も

運動を行うことによって心臓や肺、血管などの機能が高まるのでからだの隅々まで血液の流れがよくなり冷え性を改善したり、持久力や疲労回復力の増進効果があるほか、脳の神経伝達物質の働きがよくなるため認知症に予防にも効果を期待することができるのです。

また、1週間ほど寝込んでいた後などにからだを動かすと、以前のように動けなかったり疲れやすくなったりすることがありますが、これは体力や筋力、持久力などが衰えていることが原因です。

人間は持っている機能を使わなければどんどんと機能も低下していくため、多くの筋肉が減少するだけではなく、バランス能力や心肺機能が低下します。

それによって荷物を持つとバランスが保つことができずフラついてしまったり、少しの段差で躓いてしまったり、信号を渡りきれないなど日常生活を送る上でもさまざまな影響を与えてしまうのです。

不用品回収を名古屋地区で
名古屋市内での不用品なら

このようなことにならないためにも健康を維持していく上では運動は切っても切れない関係にあるのです。

からだを動かすことに慣れていないのであれば、初めは家のまわりを散歩することから始めてみることをおすすめします。

慣れてきたら1日に20分かそれ以上歩くようにしたり、軽いジョギングなどを行うことで筋肉量が増えるので健康維持を図ることが可能です。

在宅ワーク求人から手に職を
仕事をするのに内容次第で

筋肉量は成長期に増えて、年齢を重ねるとともに減少していくのですが、筋肉はいくつになってもトレーニングを行えば筋肉量を増やすことができる組織ですので、ウォーキングやジョギングに加えてスクワットや腕立て伏せなどの筋力トレーニングを行うとさらに良いでしょう。

また、仕事が忙しくてなかなか運動することができないという人は、通勤はいつも降りる駅の一駅前で降りて歩くように心がけたり、買い物などは少しスピードを上げて歩くことによってウォーキングを同じ効果を得ることができます。

健康維持のためには軽く息がはずむくらいを目安に歩くと良いでしょう。

Copyright© 2015 健康には適度な筋肉を All Rights Reserved.