ホーム

筋肉があるとないでの違いを

運動をストレスにしない

健康は季節なく維持が大切

老化防止が第一歩になる

季節で体調を崩す人は

季節で体調を崩す人は、自律神経が乱れることが原因です。自律神経は、季節による気温の変化や進学や就職、転勤などのターニングポイントを迎えることで乱れてしまい、バランスが乱れ不調になりやすいです。 季節で体調を崩さないようにするためには、軽い運動を行い筋肉をつけることです。身体に刺激を与えることで自律神経は活発になります。自律神経が活発になることで、気温の変化に強くなることができます。夏であれば朝夕の涼しい時間、冬であれば二中の温かい時間に運動することです。雨の日でも室内で無理にない範囲で身体を動かします。毎日軽い運動を行い汗をかくことは、体力維持や疲れの解消につながります。 また、規則正しい生活をおくるなど生活習慣を整えることが有効です。免疫機能は、睡眠の乱れにより低下してしまうため、質の高い睡眠をとることで免疫力を強化することができます。 他にも、身体を冷やさないように衣服を調整したり、身体を温めることも有効です。

Copyright© 2015 健康には適度な筋肉を All Rights Reserved.