ホーム

筋肉があるとないでの違いを

運動をストレスにしない

健康は季節なく維持が大切

老化防止が第一歩になる

目の疲れが影響も

筋肉は、主に運動による疲労が原因で、筋肉痛を起こすことは良く知られています。 同じように、目の疲れも、ピントを合わせるために毛様体筋と呼ばれる目の筋肉を使いすぎることが原因で起こります。 具体的には、パソコンに向かう仕事などで、筋肉が長時間の緊張状態におかれた場合に、目の不快感やかすれや視界のぼやけなど、見え方の不調が生じます。 こうした、筋肉の長時間の緊張による疲労が、ほかの部位に影響することも知られています。 例えば、肩こりや頭痛、自律神経系の乱れ、同じ姿勢をとり続けたことによる姿勢の悪化などの症状がみられます。 そのため、筋肉を休ませる意味でも、適度な休憩をとりながら仕事や勉強をすることが大切です。 また、ストレッチやマッサージ、炎症を緩和する目薬や、温熱効果のあるリラクゼーショングッズなどを利用して、早めに疲れの回復を図ることも有効です。 普段から、適度な筋肉の使用方法を覚えることは、体の健康を保つために重要です。

Copyright© 2015 健康には適度な筋肉を All Rights Reserved.