ホーム

筋肉があるとないでの違いを

運動をストレスにしない

健康は季節なく維持が大切

老化防止が第一歩になる

運動をストレスにしない

運動をすることで、ストレスが解消される効果があることはよく知られているところです。これは毎日継続をしなくてもたとえば極論1日だけの運動でもストレス軽減に効果があるとされています。 この運動はなにも呼吸が荒くなるような激しい運動でなくても有酸素運動でも効果があると言われており、ストレス発散と合わせてウォーキングなどの有酸素運動で、ダイエット効果も期待されます。 早朝によくこのウォーキングをしている人がいますが、うつ症状などの精神上昇などの改善に、早朝の朝日を浴びることがよいと言われています。脳内物質であるセロトニンの分泌を促し、結果としてストレス軽減につながるとえるものです。また、早朝に体を動かすことで、便秘に悩む人にとっては腸内が活発になることが期待され、結果として総合的に身体にも精神的にも健康に良いことにつながりやすくなると言えるでしょう。 体を適宜動かす習慣を付けにくい人の場合には、自然と体を動かさざるを得ない環境にすることも一つの方法です。たとえば公共交通機関を利用している人であれば、一つ前の駅や停留所で降車し、そこから目的地まで歩いて行くようにすれば、自然と歩くことになりますから、いやでも体を動かすことになります。朝の忙しいときに無理ということであれば、夕方などの帰宅時などにでも行うようにすれば、その効果は得られるでしょう。少しの日常生活の工夫で得られるものがあると言えます。 こうした体を動かすことがかえって疲れなどを誘発しないようにすることも大切です。最初に張り切り過ぎて長続きしないというケースを経験している人も大勢いるでしょう。そのようなことにならないように、できるだけ最初はできる範囲を少し少なめに見積もって、頑張りすぎずにとりあえず試し程度でやってみることもよいでしょう。もしそれでまだできるなと思えば、さらに頑張ってみるという工夫ができますし、継続してやることにつながりやすくなってきます。

健康の敵はストレスを感じる事

ストレスは健康の敵と言われています。ストレスを感じると自律神経が乱れ・・・続きは

Copyright© 2015 健康には適度な筋肉を All Rights Reserved.