ホーム

筋肉があるとないでの違いを

運動をストレスにしない

健康は季節なく維持が大切

老化防止が第一歩になる

健康の敵はストレスを感じる事

ストレスは健康の敵と言われています。ストレスを感じると自律神経が乱れやすくなります。その結果、体調を崩し、病気の原因になることがあります。 健康のためには、身体を動かすことです。毎日軽い運動を行い筋肉をつけることで、血液の流れがよくなり新陳代謝が上がり、免疫力も高まります。 健康のためには、定期的な運動としてウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動が効果的とされています。有酸素運動を行うことで、脳内の神経伝達物質であるセロトニンがうまく働くようになるため、気分の改善が期待できます。 運動する時間が取れない場合は、朝起きた時に軽いストレッチを行ったり、階段を使うようにするなど日常生活で少しでも動くように心がけることが大切です。朝の光を浴びることもセロトニンの活性化が見込まれます。 また、運動することは、ストレス解消だけでなく、生活習慣病の予防や肥満改善にもつながります。定期的な運動は、精神面でも良い影響を与えるとされています。

Copyright© 2015 健康には適度な筋肉を All Rights Reserved.